人生初のぎっくり腰をやってしまいました

恥ずかしながら、ぎっくり腰と言われるものをやってしまいました。

日頃の運動不足と体幹のトレーニングを兼ねて楽しくできることはないかと footbag なるものをやっていました。初歩の初歩がちょっとだけ出来るようになったところで、少しだけ難しい技に挑戦していたところで…。腰が「ミシッ!」、「やばっ」と思った時にはすでに手遅れでした。生まれて初めてです。自分だけはならないと思っていたのに。

通常、患者さんの痛みを全て知ることは不可能ですが、これでぎっくり腰に関してはわかるようになりました。ついでにいろいろ勉強になりました。

痛がる患者さんには負担を掛ける検査はできませんが、自分の身体なら自分が痛いだけなのでいろいろ試しました。身体は一つと言うことで、ちょっとした動きでも腰周りの筋肉が動きます(痛みの出る動きは全て腰に力が加わっている)。

お尻、背中、お腹などの筋肉の動きも合わせて考えると、施術の幅も広がりそうな感じです。 まっ、痛めたところが治るまでにそれなりの時間が掛かるのはしょうがないです。あとは、治っていく期間、どれだけ楽に生活できるかでしょう。一歩前進しました。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。