マコムまとめ-その1

ちょっと時間が経ちましたが、アメリカの西イリノイ大学に
視察&勉強会に行ってきました。
まず、西イリノイ大学(Western Illinois University)です。
ここはアメリカ中部の都市、シカゴ(Chicago)から西に300Km程度の
マコム(Macomb)という小さな町にあります。
西イリノイ大学は総合大学で、今回はその中の
体育学部アスレティックトレーナー科
にお邪魔しました。
ここは、アメリカのアスレティックトレーナー(NATA ATC)の育成機関として
認定されています。
今回の渡米は、アスレティックトレーナー制度の本場であるアメリカでは
どのような施設で、どのように、どんな学生が学んでいるのかをその場で
見学するというのが当初の目的でした。
訪問が決まった段階で、なぜだか受け入れ大学側のほうで盛り上がりを見せ
「キネシオテーピングの指導員なら学生相手に勉強会をしてくれ!」
という話が湧き出て、
「じゃ、やりましょう」
という話になりました。
と、いうことで、今回の渡米は見学だけでなく、学生相手にテーピングの
勉強会をすることになったのです。そして、これが渡米での一番大きな
イベントとなったのです。
ということで、勉強会に関しては次回ということで。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。