前十字靭帯(ACL)が最近の流行りです。

最近、前十字靭帯に非常に興味があります。

なぜかと言うと、今うちでの「流行り」なんです。同じような症状というか怪我の方が固まる傾向があって、最近はACL損傷。このACL損傷、触診とか視診とか徒手検査とかからではなかなか 「これは切れてそうだ(なさそうだ)」 って判断がつきません。 普通ではない腫れや痛みがあれば、誰でも分かるのだと思うのですが、微妙な時が多いです。

先日いらした患者さんもやっぱりよく分からなかった。そこで専門のお医者さんがいる病院を受診してもらったところ、 ちょっと見ただけ(触っただけ?)で 「切れてるね」 だそうです。う~ん、と唸ってしまいます。専門の先生とは言え、やっぱりすごいなと。

ということで、とにかくまずは損傷をさせないというところにポイントを置いて、身体つくりが出来るように色々考え直しています。 スタッフを呼び止めては、 「ああして、こうして、こんなポジションをとって」 などとやりながら、ACLが壊れるポジションにいかに入らない身体をつくり上げるかを模索しています。 意外と、教科書には出ていない、けどかなり効果的なものも見出してきています。身体全体の動きもスムースになります。

ご期待ください!

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。