流行(はやり)

怪我に感染は無いと思うのですが、何故か同じような怪我の患者さんが増えることがあります。連鎖反応なのでしょうか。

最近は、「足・脚」系の外傷の方が何故か多いです。ほとんどは足首の捻挫なのですが、ちょっとと言うより、内出血で足が真っ黒(真っ青)になってしまうほどの方が多いです。
3月の中旬から立て続けで、ぼちぼち終息に向かう感じです。

ところで、こういった怪我に最近では微弱電流というものを多用しています。微弱電流を出せる機械はピンキリで高い機械は900万もするものもあります。うちで使っているものは…、多分一番安いです。
が、非常に効果的です。使い方にも秘密があるのですが、驚くほどに早い回復をみせます。教科書的には捻挫の治癒までには約3週間です。ところが、最近の患者さんで言えば、3週間目には競技に復帰しています。中学生の例では、2週間で復帰しています。とっても効果があり、かけているこちらが驚いています。

この機械は開業当時から持っていたのですが、最近ちょっと使い方を変えてみたところ、効果が倍増することが分かりました。やっぱり、普段使っているものでも常に精度・効果を上げる努力を怠ってはいけませんね…。

早く治るのはいいのですが、怪我をしないことがやっぱり一番。怪我をしやすい身体って言うものもあるので、違和感を感じたら是非チェックにいらして下さい。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。