ストレッチって簡単なようでむずかしいです。

若いスタッフ(二人)に、「ストレッチして??」と頼んでみました。
「とりあえず、お尻(大殿筋)ね」に、「いいっすよ??」。

ところがなかなかお尻にストレッチ感が出てきません。
ももの裏や足の脇の部分にストレッチ感がでたり。
結構難しいようです。

どこをストレッチするか。
目的のところを狙って、ちゃんとやる。
これはとっても大事なことです。
でも、難しい。

教科書的には、ああして、こうして、こうなる、って言うのがあるけど、人によってそれはまちまち。
だからこそ、ストレッチする人の感覚が大事です。

よく見て、感じて、患者さんや選手の身体に触れさせていただく。
修行が必要です、と毎日頑張っています。

と、言いつつ、僕はあまりストレッチしません…。

あっ、たまにはこのブログ応援してください。ここをクリック!

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。