行ってきま??す

今日の仕事が終わったら、そのまま湘南方面に向かいます。
明日、男子9人制全日本実業団バレー開幕です。
前にお知らせしましたとおり、明日は休診になります。すみません。

全国大会への帯同は、遠くということもあり荷物の発送作業から始まります。
大会は2日??4日の予定で組まれています。その間使うテーピングテープやベッド、バランスボールなどを持っていくのですが、バスでチームごと遠征や近場で各自車移動で現地集合という場合を除き、どうしても宅急便を使わざるを得ません。

通常、携帯用ベッドとその他材料や衣類を入れたコンテナボックスの2個口の荷物になります。
ベッドは結構大きくまた重いので、厳重な梱包が必要です。工事現場で使われているようなブルーシートでベッドをくるみ、荷造り用の紐で固めます。
コンテナボックスは割りと簡単。詰め込むだけ詰め込んで、やっぱり荷造り用の紐で固めます。
梱包自体は10分程度あれば、終了。(中身を揃えるのはそこそこの時間が必要です。)
そこまで済めば、あとは宅急便屋さんが取りに来てくれるのを待つばかりです。
(実は、北海道の空港の宅急便屋さんの前で梱包作業をしたことがあります。)

持っていくものは…、実は大したものは持っていきません。
本当は、怪我などが起こった場合のことを考えて色々持っていた方がいいのでしょうが、その辺のものはほとんど持っていきません。
テープ関係、多少の衛生材料それとバランスボールに空気入れ。こんなところでほとんど全部。
バランスボールは当たり前ですが、空気を抜いて潰して持っていきます。これはいつももって行くので、日本中どこで試合があっても埼玉にはバランスボールがあると思います。
あっ、もし現場で見かけた方がいらっしゃいましたら、是非一声掛けてサインをしてくださいね。

今の世の中、色々なことが簡単に出来るようになっています。
荷物発送の朝、インターネットで宅急便屋さんに集配に来てくれるように依頼をしておきます。最近では、発送伝票も作っておけます。(これはまだ使ったことがないけど、簡単ですよね。)

トレーナーの活動はやっぱり地道。その準備段階をちょっとだけお知らせしてみました。

Nimotsu

※荷物はこんな感じになります。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。