YouTubeを使い始めました。

最近、動画を撮ることが多いのですが、 そのうちの一つをYouTubeにのせてみました。

世界を意識して(?)下手な英語のコメントもつけてみたのですが、やっぱり英語を入れると海外でも見てもらいやすくなるようです。まだまだ沢山のアクセスがあるわけではないのですが、海外からも見てもらえています。

しかし、キネシオテーピングって、世界的に見ても 動画を出している人がほとんどいません。 思った以上に、普及度が低いんだなぁと 実感してしまいました。 YouTubeで kinesiotaping とかで動画検索してみてください。 ほんの数人しか登録していないことが分かると思います。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。