名門証券会社の倒産

アメリカのリーマンブラザーズの倒産のニュースは、
かなりテレビを賑わせましたね。
あんまり関係ないや、と思ったのですが、
「関係ないと思っている人、そんなことないんだよ」
と、とあるブログだかニュースで読みました。
確かに、間接的なことを考えると、気づかないような
関係はきっと出てくると思います。
まっ、いろんな理由があるのだとは思いますが、
今あまり景気はよくないですよね。
すると、人々は、何となく将来に不安を持ち、
お金を使わないようになる。
と、よく言われます。
それを自分のところに当てはめると、
自分の身体をある程度ほおっておいても治療には行かない。
そんな患者さんが増えてくれば、当然この業界にも
影響が出てくることになります。
ただ、そんなときこそ、患者さんの身体を一生懸命身体
治す努力をするべきなんだと思います。
先日も、とある接骨院さんに半年以上通っているという
小学生がお母さんに連れられてやってきました。
1回1回の費用はそれ程でもないのだけど、結構通ったので、
何万円も使ってしまったとのことです。
それが、多少の費用の掛かるうちに来ても、
少ない回数で治ればいいと言うことになります。
(一応、2回で終わりです。)
もちろん、治療を受けるのはコストの問題だけでは
ないのですが、こう景気に不安感のあるときには、
影響が大きいですね。
まだまだ、ちょちょっと患者さんを治すという技術は
ありません。
でも、そんなところを目指して、精進していきます。
倒産しないように(笑)

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。