2009年も終わりです。

早い。
時間が経つのがとっても早いです。
今年一年を振り返ると…、何もやっていないような気がします。
忘れちゃったんですかね。
よくよく考えると、それなりに頑張れたような気もしてきました。


まず、はしお接骨院の「売り」の一つ、キネシオテーピングの
料金を上げさせていただきました。
上げるまで、そして上げてしばらくは、患者さんがいなくなって
しまうのではないかと、とっても不安でした。
が、しかし、思いっきり施術ができるようになったようで、
品質も上がり、逆に患者さんが増えました。
今までが一生懸命施術をしていなかった訳ではないのですが、
料金体系が施術品質に影響していたんですね。
(まだまだです)
次に、キネシオテーピング協会の臨床発表会。
メインステージでの発表ではなかったのですが、少し大きな
時間枠をいただき、少しでも自分のやっていることを伝えたいと。
ちょっとマニアックすぎて、伝わりきらなかったような気も
しなくはないです…。
5月からは新スタッフが増えました。
ITに強い人で、IT化が進む当院にとってはとてもフィットする
感じで頑張ってもらっています。
10月末には、新マシンメディセルの導入。
最初に見たときのインパクトはとっても大きかったのですが、
いざ導入となるとやっぱりドキドキものでした。
合わせて、メディセルをメインに施術するスタッフにも
来てもらいました。こちらも費用がかかることからドキドキものです。
が、多くの患者さんに支持され始め、今ではメディセル部隊の
スタッフの方が僕よりも忙しいかも…。
「お年寄り」と呼ばれる人たちにものすごい効果が発揮され、
どんどん元気になっていく姿は、もしかしたらご本人たちよりも
大きいかもしれません。
よくよく考えてみると、いろんなイベントがあった2009年。
来年はまた少しでも多くの人に貢献できるように、今プランを
考えています。
また来年もよろしくお願いします。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。