2010年

少し遅めのご挨拶となりますが、
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
一年の最初のこの時期、
今年はどんな年になるのかなぁ
と、考えるようになってきました。
10年以上前には、そんなことはほとんど考えたことは
なかったのですが、このところそんなことを考えるように
なってきました。
トシ(経験?)なんでしょうか。
患者さんにはあまり関係のない話なのですが、
今年、接骨業界には大きな変化が起こりそうです。
もしかしたら、閉院に追い込まれる接骨院もでてくる
可能性があります。


昨年、民主党が政権をとったことはほとんどの方が
ご存じのことと思います。
そして行われたのが、無駄遣いをなくそうということで
「事業見直し」
です。
接骨業界は一年で3800億円程度のマーケットだそうです。
そのうち、1000億ほどが国から出ている。
これが、事業見直しに引っかかりました。
要は、「接骨業界に出している国のお金は無駄遣いだ」と
認定されたということでしょう。
この話の是非はともかく、少なくとも接骨院の売り上げに
対してかなりのマイナスの要因が働くようになる可能性が
高いのです。
ほぼ20%売上が落ちるとも予測されています。
自分の仕事の仕方の失敗で売上が落ちるのは仕方がないと
あきらめられるかもしれませんが、それ以外のところで
収入が落ち、最悪潰れてしまうのは、あきらめようがありません。
そんなことにならないように、今年も今まで以上に進化の
スピードをあげて、良質の施術を提供していきたいと
思っています。
来院される患者さんだけでなく、沢山の人に何らかのものを
提供できるように頭をひねっています。
本年もどうぞよろしくお願いします。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。