足首の捻挫

足首の捻挫は、割とよくある怪我です。
一般の人でも、アスリートでもよくみます。
2~3日で治ると思っている方も多いようですが、教科書的には3週間ほど掛かります。それもいい状態に保つことができて。もちろん、程度によりもっと短かったり長かったりします。
運動を続けていたり、ほったらかしにすれば、もっと時間がかかる可能性があります。
症状的には、外くるぶしの下側を痛めることが多く、痛みもその辺に起こりやすいです。
壊れ方が激しい時には、内出血をすることもあります。段々と患部周辺が腫れてきて、更には黒くなってきます。爪先くらいまで黒くなってしまうこともあります。
もっとひどいと、靭帯が骨を小削ぎとってしまうような場合もあります。裂離(れつり)骨折と呼ばれる状態です。
治療的には、とにかく患部に負担をかけないような状態を作ることを心がけています。
治っていくのは、患者さん自身の身体の能力。そして、僕たちの役目はそれを最大限に効率良く行われるようにサポートをすることです。


まず最初に行うことは、重心の位置のコントロールです。そして、足首に掛かる体重がまっすぐになるようにコントロールすることです。
これらのことで、患部にかかる負担をかなり減らすことが出来ます。

インソール(足底板)というものも世の中にはあります。靴の中敷きです。
インソールの形状によって、患部に係る負担を減らすことが出来ます。
これはこれでとってもいいのですが、アスリートによっては少しだけ不足することがあると考えています。
重心が狂って患部に負担がかかってしまうということには、必ず原因があります。どこかの筋肉の働きが落ちているということです。足底板では、そういった筋肉に対する対応はされないため、形的には痛みが消えても、身体の能力という意味では、ほったらかしです。
一般の方はそれでもいいかも知れません。ただ、痛みが取れればOK。
でも、アスリートはそれでは困る場合があります。身体の中に、ちゃんと働いていない部分があり、パフォーマンスがしっかりと発揮されない。
身体全体がしっかり動き、患部に負担をかからなくする。その上でのインソールはとっても効果的でしょう。
ただ捻挫と言っても、考えるべきことは多いし、そんなに単純でもないのです。
そんなことを知っておいていただけると、もしもの時に効率よく治療を進められると思います。
☆☆☆ みなさまへのお願い ☆☆☆
この記事へのご意見、ご感想をお寄せください。
お返事はできないかもしれませんが、
必ず一つ一つ読ませていただきます。
ご意見、ご感想はこちら

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。