痛みは無くてもベストではないかも…

最近、比較的レベルの高いアスリートの方々がいらっしゃいます。
話をしながら施術をしていく訳ですが、沢山の経験に基づく話しが聞けてとても楽しかったりします。
そんな人たちでも身体のケアについて、最初はほとんど無知に近いです。
今では、定期的に通っていただいて、ベストのカラダに近い状態で日々の練習に励んでいただいていますが、最初の頃には痛みが無ければ身体はベストの状態だと思っていた方がほとんどです。


『痛みが無いからそのまま練習や試合に取り組んでいたけど、たまたまトレーナーと呼ばれる方のケアを受けて試合に臨んだら、身体がとても軽くて良かった』
なんて話を聞いたりもします。
それがきっかけで、ケアをするようになったとか。
身体は、痛みが無ければベストの状態と思っている人はかなり多いです。
でも経験上それは大きな間違いです。
身体は、多少のヨレや歪みがあります。
それはもともとのものも沢山あると思います。
でも、もともとのものだから放っておいていいかと言えば、放っておかない方がいい場合もかなりあります。
そんなときには、まずは見せて下さい。
どんぴしゃの状態に重心位置や動きを調整してみます。
なかなか理解してもらいにくいとは思いますが、とても大切なので頭の片隅には置いておいて下さい。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。