膝の痛みの原因が足首の場合もあります

最近来ていただいている方で、膝が痛い60代の女性がいらっしゃいます。急に水が溜まって、お医者様では手術をしようと。でもそれは嫌だということで、ご紹介でおみえになりました。

なんで痛むの?

物事には、たいてい原因があります。ただ「痛い」という結果だけは生じません。原因が完全にわかるということは現実的にはありえないかもしれませんが、少しでも近づくことがいい結果を生むことが多いです。

原因には、いろんなことが考えられます。それは人それぞれなので、それぞれの人をみなくては分かりません。

『あぁ~、腫れてるね。○○が炎症を起こしているんだよ~。』

これは原因じゃなくて、結果ですね。「腫れてて炎症を起こしているからそれを抑えるように治療をしましょう」でも悪くはないのですが、もし他に原因があれば再発リスクは残ったままになっていることになりますね。

今回のケースはどんなだったかのか

ほとんど膝が曲がらない。歩くのもいかにも怪我人。最初はそんな感じ。

それでも歩き方をよーく観ていると、脚の真ん中に体重は掛かっていませんでした。そこで、それを意識してチェックをしてみると太ももの外側がちゃんと働いていない。で、テーピングをしていく。

2,3回治療をしたところで歩き方が変わってきて、体重も脚の真ん中に来るようになってきています。痛む場所を少し動いて、真ん中辺り。そこで、またよーくみてみると着地の時に足首の動きが悪くクッションが殆ど効かない状態になっており、着地の衝撃がそのまま膝に入っている感じ。

そこで、足首のチェックをすると、動きがとっても悪くなっている。「渋い」感じ。ここはゴリゴリマッサージ系のことを施すとかなり動きやすくなって、それに伴い歩き方もとっても楽そうで、本人はあまり気づいていないようですが歩くスピードが上がりました。

結局のところ

なぜその状態になっているのかをよーくみて、一つひとつ遡っていくということをやっていくと比較的効率良く身体は改善していきます。もちろん、お客様を休ませ、壊れた状態の回復を促す治療もいいです。その方が儲かると思うし。

でも、一つひとつ遡っていくことをしていくと、見立てがうまく行った時には、それなりの感動があります。ヨッシャ!って感じの。「そういう仕事じゃないよ」という意見もあるとは思いますが、僕はそういうの嬉しいですね。

なかなか痛いところを治療するのとは違ってくることが多く、理解をしていただくのが難しい場合もあります。でもやっぱり、プロとしては少しでも原因に近づいていくことを目指していこうと思っています。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。