謹賀新年。こんな時代だから気をつけるべきこと…

新年明けましておめでとうございます。

今年も、少しでも技術が向上するように精進していく所存です。
それが少しでも皆様方の役に立てるよう、がんばります。

新年ということで、最近思うことを少しだけ書いてみます。
と、言うか、昨年末に富士スピードウェイで勉強会をさせていただいた時にさせていただいた話を端折ってみます。

鵜呑みにしてはいけない

今は、情報が沢山流れる時代になりました。
誰でもすぐに大量の情報を得ることができます。

そんな時代で、便利に情報を得ることができるわけですが、
「どんなことでも鵜呑みにしてはいけない」
ということをお話しました。

例えば、僕らは目の前のお客様の身体の様子を知るために「テスト」をします。
必ずします。

で、その方法というのは、ちゃんと習うわけですが、
「その方法をいつまでも鵜呑みにしてはいけない」
ということです。

もしかしたら、研究の結果、最新情報ではやり方が変わっているかもしれない。
もしかしたら、いつもやっているうちに、自分なりに何か違うことを感じ取れるかもしれない。
もしかしたら、自分の感覚にはあわないかもしれない。

そんなことがあるかもしれません。
だから、習った範囲で、最初はそのまま黙々と続けることは大切ですが、いつかはそれが本当に正しいのか、自分なりに検証をすることが必要になってきます。守破離ですね。

あのCMは一体…

こんなことは世の中に沢山あります。
思い込みを作られて、いつのまにかやみくもに信じてしまっていること。

こんな映像を見かけました。
たぶんテレビで見たことがある方も多いと思います。
さて、このCMの商品、一体どんなことに使われるでしょうか?

これを「膝に効くものだ」と思った方がいらっしゃるのではないでしょうか。
それは本当でしょうか?

もう一度見ていただくと分かりますが、一度も「何に効く」とか言っていません。
ただ、膝に手を当て膝をぐるぐる回し歌っているだけ。
ちまたにある情報が頭に刷り込まれていることを意識し、錯覚を促している映像のように思えます。

大量の情報におぼれている現代人。
最初はそのまま受け入れてもいいと思うのですが、どこかでそれは本当なのかどうか、自分なりに検証するなり調べてみるなりするということを忘れないようにしたいものです。

ということで、ここまで読んでいただいたこの文章も、是非鵜呑みにはしないようにお願いいたします。

本年もよろしくお願いします。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。