テーピングセミナー

スポーツには怪我がつきもの。さて、どうしましょう。

ひとつは、怪我をしたときにする処置。(応急処置を含める)
もうひとつは、予防。怪我をする前にする処置。
あなたはどちらが好きですか?

個人的には、予防が好きです。トレーナーとして選手との接し方も予防型。
予防をすれば、試合はただの応援団として見る事ができます。
もうひとついいのは、予防をすると、実はパフォーマンスがあがるのです。
但し、痛いところをぐるぐる巻きの予防では駄目です。そこにはちょっと技術が必要です。

ということで、今日は所沢バレーボール連盟の方にお呼ばれして、テーピングの巻き方セミナーです。

あまり時間がないので、大したことはできないです。

また、怪我をしてしまったときの巻き方と言うことなので、本当に得意なところとはちょっと違うかも。

でも、予防の部分もちょっとだけ触れるつもりでいます。

こんな活動もしていますので、是非お問い合わせください。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。