キネシオテーピングセミナー 下肢編を開催しました

先週末、土曜日の午後にキネシオテーピングセミナー下肢編を開催しました。昨年末から、毎月行っていて、3つのパートに分け三ヶ月ワンクールで行っています。で今月は下肢編です。

あまり大々的に集客をしているわけではないので、参加に人数的には少数です。しっかりと習いたい方にはお勧めというか…。

キネシオテーピングセミナー風景

今月の下肢編では、

  • 足首
  • 足の裏

を狙ったテーピングをやりました。回を重ねるごとに少しずつ内容は変わっていくかもしれません。このシリーズではまだまだ始めたばかりなので、下肢の他に前半で基礎編もやっています。

  • 持ち方
  • 切り方
  • 台紙の剥がし方
  • 貼り方
  • 剥がし方

など、超基本編も含んでいるので、全くの初心者の方にも安心して受けていただけます。

さて、こういった直接習えるセミナーと本を読んで独習するのではどんなことが変わるでしょうか。と言うのも、過去に何度も

習わなくたって、本で勉強したからいいよ

と言われてきたもので。まっ、それはそれで全然構わないんですが、ちょっと勿体無いなぁとも思います。

セミナーでは、コツのようなものもお教えしています。こうやると上手に貼れるし効くんだよ、という手法の紹介ですね。あと、やってはいけない貼り方の紹介と、もしやった場合にどうなるかというのも体験していただいています。これは書籍ではまず出てこない情報。実は、ちゃんと習わないでキネシオテープを使っている方の多分90%以上は、効果が無いどころか身体に悪影響になる貼り方をしていると思われます。知らないって怖いです。

高い費用を払ってテープを買い、間違った貼り方で貼り、そして自分の身体を痛めつけていく。あぁ、勿体無い。

でも、ちゃんと習えば、少なくとも間違った手法だけは取らなくなります。それだけでも一生ものの情報だと思います。

ということで、来月は2月14日(土)に基本編(体幹)をやります。興味のある方はお問合せください。(お電話でもお問合せページからでもどちらからでもOKです。)

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。