新たにサポートします

いろんなところでトレーナー活動をしてきたことが少しずつひろまってきたようで、サポートの依頼を受けました。
今まで、ほとんど大人(一般)の男子のチームしか見ていなかったので、ちょっとビックリではありましたが…。
で、埼玉栄高校の女子バレー部のお手伝いをすることになり、日曜日に練習を見物に行ってきました。
高校生は男子は幾つか見ているものの、女子をちゃんと見るのは初めてで、分からないことだらけです。
男子に比べるとやっぱりパワーがないです。スパイクやサーブの一発で1点をもぎ取るというプレイにはなかなかなりそうにないです。男子だとスパイクやサーブをみつめて「もっと強くするには…」と考えるのですが、女子は「もっと速く動いて正確にレシーブするには…」と意識がいきます。(これでいいのだろうか??)
全般的に、効率よく身体が使えているとは思えないし、この辺からやっていかないと怪我もなかなか減らないだろうなぁという感じです。今回は(も?)、結構期待されている感じがあります。程よいプレッシャーにして頑張っていきたいと思います。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。