ストレッチ その2

今更ながら、ストレッチって難しいと思います。
なかなか思った筋肉を伸ばすことができないのです。
ほんのちょっとずれていたり、全く違うところが伸びてしまったり。
教科書をそのままやってみると、「おしい」こともあるんだけど、「そこっ!」とはならないです。やっぱり日頃からの練習が必要になってきますね。

実際に、現場でストレッチの補助はあまりしません。(やってくれと言われれば、もちろんやります)
選手の数も多いし、時間もあまり取れないことが多いので。

たまには、技術練習と言うことで、やってみています。人の身体に触れると言う意味では、意味があるように思っています。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。