You Tube

すごいですね~。
来週末に勉強会で膝関係の話をしようと思っています。
怪我の事例がなにかないかなぁ~と探していると…、
出てくる出てくる。
例えば、バスケットでの事故ですが、こんな感じです。
普段、前十字靭帯なんて切る人はあまり多くはありませんが、
スポーツの中ではあっけなく切れてしまう場合があります。
実際の事故の様子を見ていると、少しくらいサポーターなどを
しても、大きな外力には意味がないように感じてしまいます。
(そんなことを言っていてはいけないけど)
プレーの戦術的な部分で防いでいくことが、一番効果が
あるように感じます。
まっ、上の例なんかは、自爆でしょうけど…。
スポーツでの事故、結構あります。
目を覆いたくなる様なものも多いです。
が、こういうのを起こさないようにするのが仕事なんですね…。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。