自己新達成

今日は別府大分マラソンがありました。
うちでも2名ほどエントリーしていて、大会前の調整をさせていただいています。
で、一人、自己新達成の報告を頂きました。
よっしゃ~。
(もうお一方は、まだ聞いていないです)
この大会は、コースがフラットなので風が吹かなければ比較的記録が出やすいそうです。でも、記録達成、自分のことのように嬉しいですね。
試合前にどんなことをするのかといえば、身体がしっかりと動くようにチェックをし、動きの悪いところがあれば修正するというものです。まっ、当たり前っぽいですね。


全身をチェックしていくと、ほぼどんな人でも動きの悪いところがあります。年中うちで調整させていただいている方でも同じ。例えば、首を下に向けるという働きが落ちている。すると、走っている間に段々と顎が上がってきちゃったりします。顎が上がりやすいと、重心が後ろに下がり気味になるので、走るために重力の利用がしにくくなります。
例えば、そんな細かいことが身体中に何かしら見つかるのです。だから、細かい調整をしていきます。
こういった調整をしていくと、完全ではなくともあまり振れのない身体になっていきます。その状態で練習をすることがとても大切で、その積み重ねが大会での結果になります。決して、大会直前の身体の調整が全てではないんですね。
ここ一年くらいランナーの方が増え、うちの調整技術・精度はランナーの方々に鍛えられています。だから、ランナー向きとも言えるかもしれません。少しは貢献できていると、最近実感してきました。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。