成長するスタッフたち

当院でのトレーナー活動と言えば、院長が県の代表チームについていくと
いうのが普通の形でした。
昨年から若手のスタッフが入ってきており、時々勉強がてらトレーナー
活動をさせていただくケースがあったのですが、
なんと、今年、シーズンを通して帯同の依頼をもらうことができました。
昨年から少しずつ努力をして、チームに貢献をして、今年評価された形です。
もちろん、費用的にはまだまだあまり頂けません。
が、昨年勉強させていただいていたのが、今年は認められて費用が出る。
これって、結構大変なことです。特に9人制のバレーボールでは。
今年の大会サポートは、一大会で3チームのサポートがありそうです。
スタッフ間での勝負と言うことです。
そのメンバーのチームでトップ4なりを占められたら嬉しいです。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。