バレーボールサポート

久しぶりにバレーボールのサポートをしてきました。
大学2部の女子チームです。


前日の天気予報では、30度を越えるとか。
蓋を開けてみれば、雨が降って肌寒い天気。
まっ、スポーツはしやすい感じです。
朝一の試合で、早くから選手達の身体を動きやすく
作っていきます。
全体的に、体幹部が弱い感じ。
結果は、フルセットまでいったものの負けてしまいました。
遠くからうちに治療に着てくれている選手達は、
どうしても勝ちたかったらしく、涙が…。
でも、負けが悔しくて涙をみたのは久しぶりです。
それだけ、勝ちにこだわった試合に携われたのは、
とっても光栄なことです。
(前回の涙は、3年前の国体だったかな…)
また、サポートの機会はあると思います。
もっと、多様なサポートをしていけたらいいなと思っています。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。