勉強会(西イリノイ大学AT科)

明日(14日)に西イリノイ大学のAT科でテーピングに関しての
勉強会をやります。
実は、今日(13日)の予定だったのですが、吹雪で大学が休校。
明日に順延になりました。
時間が出来たので、通訳をしてくれる中村君とシナリオを書いて、
翻訳文を書いて、明日の準備はほぼ完成です。
しかし、この作業に4時間掛かりました。
中身的には、僕が普段スポーツ現場で選手にやっていることと、
どう考えてやっているかです。
ある意味、非常に先進的な考え方だと思ってはいるのですが、
こちらの教授陣が非常に興味を持ってくださり、
学生さんを集めて勉強会ということになりました。
普段やっていることを、まずはマインドマップにまとめ、
考えを熟成させ、かつアメリカ人にも分かるように、原稿を
書きました。
自分でまとめてみると、非常に自分自身のためになりました。
自分がどう考えているのか、何を大事だと思っているのか。
今まで気がつかなかった、自分が見えてくるような気がします。
明日は、どんな反応が得られるのかちょっと心配な部分も
あります。
一生懸命翻訳や、アドバイスを下さった中村君、日本から
来た訳の分からない人間のために、学生を集めて勉強会を
開いてくださる先生方、本当にどうもありがとうございます。
この勉強会の様子は、学部長がビデオに撮るとのことなので、
もしかしたら興味のある方に見ていただけると思います。
中村君と資料をまとめ終わったときに、
「これ高いよね~」
って話が出るほど、頑張ったし濃い中身になったと思います。
明日の勉強会、来たい人は是非どうぞ。
入れるように手配します。
では、また明日報告できたらしま~す。
おやすみなさい。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。