明日からのキネシオテーピングセミナー

土曜日の診療後の午後、当院でキネシオテーピングの
セミナーを行いました。
キネシオテーピング協会の作成したカリキュラムも
存在するのですが、一般の方でも一回だけ受講していただくと、
明日からそれなりに効果の出るテーピングができる様に、
独自のものを作りました。
初めての方や、初心者の方がキネシオテーピングを
してみようと思ったときに一番困るのが、
「どこにどんな風に貼るのか?」
ということだと思います。


専門家は、しっかりと問診をして、筋肉テストというものを
行って、結果を確認しながらテーピングを進めて
行くことが出来ますが、一般の方にはちょっと
難しいことです。
(治療の専門家でもいちいちテストをしない方は多いです。)
そこで、こんなときにはこんなテープというやり方で
一般の方にもわかりやすく行いました。
当院でのテーピングの特徴は、
「動きに注目をしていくこと」
です。
これをベースにしていくと、初心者の方でもわかりやすい
部分についてはほとんどの方が理解できます。
例えば、足踏みをしていただいて、頭が左右のどちらに
揺れやすいか。
いきなりだと分からなくても、何人かの仲間と実習を
すると分かるようになります。
そして、一度分かると、ズーッと分かります。
「そうしたときには、こういう風にテープを貼ります。」
と実習をして、効果を確認します。
まず、ほとんどの人が、自分たちのテーピングで効果を
確認することができる様になります。
そんなやり方で、今回で第3回目が終了しました。
次回は、多分8月。
今回、ちょっとでも興味をお持ちいただいた方は
是非次回いらしてください。
お待ちしております。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。