最近テスト導入している能力向上ワーク、成果が出始めています

最近のケーセブンでの施術に関するテーマは「無意識と意識」です。

「意識で無意識を制御できない」というのがベースの考え方です。運動(動き)にも意識のものと無意識のものがあって、やはり意識で無意識は制御できないです。癖とかを意識で修正しようとしてもなかなかできないですよね。

ワークのテスト導入始まりました

そこで、個々の人が自分で少しでも無意識領域に気づけるように敏感になる、更には無意識領域のパフォーマンスを上げていくためのワークを考えてテスト導入を始めました。
(この部分は、ケーセブンの肉体的な施術技術ではカバーできていないところだった)

ワークとしては、重心位置を制御することに集中するというもの。

  • Concentrate(集中)
  • Control(制御)
  • Center of gravity(重心)

3つのCですね。3cワークとでもいいましょうか。(以下3cw)

3cwはまだできたばかりなので、プログラムも原始的でやるのは簡単。結果をフィードバックしながら段々とバージョンアップしていきます。

ワークによって得られること

3cwで期待される結果としては、

  • 身体の反応を高める(遅くなっているものを元に戻す)
  • 集中力が増す
  • 自分の身体への認知力が向上する(無意識の動きに気づきやすくなる)

があります。なんか、アスリートや芸もののかた向けっぽいですよね。でもこれ、お年寄りとかでも効果が期待できます。

実際に、3cwの前後に簡単な反射テストをして結果比較をすると変化が出ます。

また、3cwをやると全身調整の成果をより感じてもらえるようになります。大学男子陸上選手の例でいえば、全身調整前には「身体が右に揺れる」というのを感じ取っていましたが、全身調整後にはそれがなくなり「ピタッと真ん中で止まるようになった」と感じるようになりました。

まだまだ不完全なワークですが、思った以上に成果が出はじめています。

ワークを始めて思ったこと

これをやって思うのは、スポーツや日常生活での故障は、ただ単に物理療法的なことだけをやっていても効果が出にくいということ。自分の身体をちゃんとモニターできるということが想像以上に難しくて、且つそれに気づける人がほとんどいないということです。

「痛みがなければOK」という人は多いし、「痛みがある程度あるのは当たり前」というアスリートも普通にいます。でも、それじゃ、より高みを目指すことは難しいかなとより思うようになってきました。

そこまでの需要はあまりないのかもしれませんが、ケーセブンで施術を受けてくださっている方々には常にレベルアップしている施術を提供します。是非ご利用お待ちしてます!

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。