重心の位置が後ろの方に移動している、

またテレビ番組関係の話です。

この前の日曜日の夜、「あるある大××」で身体が疲れるのはどうしてか?という話がありました。話の中身としては、重心の位置が近年どんどん後ろの方(踵の方)に移っていて、そのバランスを取るために首を前傾するので首回りが凝って疲労感が生じるというものでした。

対策としては

足に刺激をして重心を前に移す、すると首周りのコリが消えて疲労感が消える、しかも足が細くなる

のだそうです。

これはこれでいいと思います。が、実は見落としもあるような気がしています。

最近思うのですが、施術をしていると、やけに腹筋系の弱い人が多いのです。まるで無いかのような人も沢山います。これが問題で身体が後ろにそり、踵重心になり、番組のようなことになっているのでは?とも思うのです。

実際にうちに施術を受けに来た患者さんに怪我の場所に関わらず、腹筋系の具合をみながらうまく動くようにしていきます。するとほとんどのトラブルは解消方向になります。結果的に、どんな理屈だろうが、どんなことをやろうがみなさんが楽になればいいのですが、テレビねたのついでに書いてみました。

本題からは外れますが、腹筋って大事です。腹筋には幾つか種類があるのですが、これらが全部上手に鍛えられると、トラブルは起こしにくくなるし、スポーツをする人だと障害・傷害が減ると思います。どんなことをやったらいいかは、ぜひ来院時に聞いてください。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。

重心の位置が後ろの方に移動している、” に対して 3 件のコメントがあります

  1. 水色桔梗 より:

    こんにちわ
    (・_・D フムフム・・・為になるな
    このポッコリお腹も、腹筋が弱って
    内臓を支えきれんとか聞いたし・・・
    弱ってますやろな・・・腹筋
    さてどうしたもんか?
    かといって、格闘家でもないし(笑

  2. はしお より:

     格闘家でなくても、オリンピックを目指していなくても、やっぱり腹筋が強いのはいいことだと思います。日常生活が快適に送れるようになると思います。
     で、捻る系、踏ん張る系の腹筋運動がいいなと思います。普通のはそれなりかな。踏ん張る系って、例えば腕立て伏せの姿勢を持続するようなもの。おなか周辺がプルプルいってくると思います。そういうのが実は大事だったりします。

  3. 水色桔梗 より:

    こんばんわ??、有難うございます
    (□。□-) フムフム踏ん張る系ですか・・・
    なるなる・・・
    早速やってみましょうw
    ・・・腕縦伏せはしなくてもいいのね・・・・
    お腹、プルプル以前に、プルンプルンなんでねw

この投稿はコメントできません。