足の甲の痛み

 歩くときに、足の甲の外側が痛いという訴えの患者さんがみえました。
この手の患者さんは、ほとんどの場合が重心点というか、体重を支える場所が理想の場所からずれていることが多いです。それを見るのはとりあえず簡単。その場で足踏みをしてもらいます。で、足のどの辺で体重を受けているか見ればいいのです。
見てみると、やっぱり痛みの出ている辺り(足の外側)に一番体重が乗ってしまうように見えます。なので、これをずらしてあげれば楽になるだろうということで、ずれてしまっている原因をテストを行うことによって探していきます。
まずは体幹。痛みの出ている側の腹筋郡に多少の機能低下があります。で、修正。あと、お尻周り(股関節周り)の筋肉郡のテストをするとやっぱり機能の低下しているものがありました。
これらがあるため、足踏みをしてもらうと腰が外側にずれていきます。で、足の外側に体重がかかるという仕組みだったようです。
修正して一件落着、のように見えたのですが…。次の日にまた痛んできました。
で、同じようにテストをして、多少戻っていたものをまた修正。でも、また次の日に少し痛むと。
うちで足踏みをしてもらうとほぼ戻っているのですが、やっぱり駄目だと。
と、気がつきました。スリッパを履くと体重が外に寄っています。よ??く考えてもらうと、家でもスリッパを履くと体重が外に寄ってしまうとのこと。とりあえず、靴にはインソールを入れて修正。家のスリッパは…、しばらくは履かないようにしないといけないのかもしれませんね。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。