痛みの原因として全然関係なさそうな古傷が影響していることがあります

最近、身体の動きを手だけとか肘だけのような一部分だけでなく、腕全体とか上半身全体広い範囲でみていくことをし始めました。そのためか、今まで見えなかったいろいろなものが見えるようになってきています。

例えば、あるバレーボーラー。腰の脇の方が痛いと来院されました。このような腰の脇の痛みの場合、広背筋という筋肉が傷んでいることが多いです。その時もそこがおかしく見えました。

ただ、見ている範囲を広げて、動き具合を考えて手の指まで動きを追っていくと…、昔からうまく動いていない指がありました。そこで、その指を狙ってテーピングをすると腰の痛みは全くなくなってしまいました。

結局、何がどう原因になっているのか、よく分からなくなってきています。とりあえず、テストをして機能の落ちているところをテーピングで修正していくと問題はなくなるのですが、それが本質を突いているかと言われると、ちょっと?かも。

まっ、これも段々と自分の中で整理されていくと思います。そうしたら、今以上にもっと簡単に患者さん、選手たちの身体を改善できる様になると思います。

乞うご期待!

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。