身体は常に変化する

大会などに選手達に付いていくと、身体が毎日変化することを感じます。

初日に身体が重い・動かないと言われ、テーピングを使い完璧にする。 それが次の日には、別の訴えになる。で、全部テーピングをしなおす。 当然、初日とは全然違うテーピングになります。

これは選手だから、大会だから特別なのではなくて、日頃診せて頂いている患者さんでも同じです。

と、言うことはどういうことか。

毎日毎日同じ治療をしていてはダメなこともあると言うことだと思います。

腰痛、膝痛、痛みは毎回しっかり診てもらいましょう。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。