肘が痛い(バドミントン)

今週いらした、患者さんのお話です。
その人は、ママさんバドミントンをしています。
学生の頃、ちょっとだけ経験があるのだそうですが、最近になって一生懸命練習をしだした自称「初心者」です。
練習量は結構多く、その為か肘に痛みが出てきています。
ある程度、時間が経ってスポーツを始めるとはまってしまうことが多く、練習量が多くなりがち。
身体は出来ていないのに、気持ちは先に行ってしまう。結構そういう方は多いです。
それはさておき、お話を聞くと膝も痛いし、足首も…。
しかも全部右側。
これで「ピーン」とこないといけません。
肘は肘で痛いのは分かるし、肘周りをテストするとやっぱり結果は陽性。つまり、悪いんです。
が、が、が、やっぱり全身を診る必要があります。
診方は治療する人ごとにいろいろやり方はあると思います。
僕は僕でやっぱりあります。
とりあえず、ちょっと歩いてもらうと…、予定(予想)通り右側に傾いています。
こういった時には話は実は割りと簡単です。
全身の部分部分を多少細かく見ていくと、やっぱり大体右側で陽性。
なので、それらを根元から修正していくと…、
結局、右肘は全然いじらずに痛みが取れてしまいました。
ついでに言うと、膝も全然いじらずに痛みが取れてしまいました。
実際には、各関節の使われ方がいけなかったということだと思います。
本来曲がるべき方向に曲がれば痛みは出ない。
それが、少し斜めになっていたり捩れていたり。
本来の形に調整してあげるだけで、痛みはかなり楽になります。
逆に考えると、そういう状況を作ってあげないと、一旦痛みは取れてもまた再発する。
そういうことの繰り返しになることが、簡単に想像できます。
なかなか痛みの取れない方は、一度全身の動きを見てもらってください。
今までの痛みは何だったんだろう、ってことにきっとなりますから。
そうそう、全然関係ないのですが、こちらも結構楽しいです。←是非クリック。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。