「頭がこる」ということがあるんです。

髪の毛の下、頭蓋骨を覆うように筋肉があるのをご存知ですか?

頭蓋骨のすぐ上に髪の毛があるような感じがしますが、実は筋肉があります。筋肉なので、そこが凝ることがあります。

  • 肩が凝って、頭痛がする
  • なんとなく首が重い
  • 上をむきにくい

こんな症状は頭の凝りが原因の場合があります。 というか、多いです。

最近では首の周りがおかしいと訴える患者さんは頭を触らせていただくことが多いです。 慣れてきたので、触った瞬間に凝っているところが分かるようになってきました。
(スタッフに言わせると難しいらしいのですが…)

凝っているところに指を入れていくと、結構痛がられます。 広さは患者さんによってまちまちですが、3cmくらいの楕円状のことが多いです。ピンポイントのときもあります。

「よくわかりますね??」 って言われた時は、ちょっとうれしい。

ということで、首がおかしい、頭が痛い、上に向きにくいなどの症状が現れたら、 まず頭全体を手のひらでゆったりと触ってみてください。 もしも、「あれっ???」って感じの場所があったら、少し押しながらこすってみてください。もしかしたら、楽になるかもしれません。

あと、目を閉じておでこに横向きにキネシオテープを置くよう貼るのも効果的です。これもお試しください。
(前に、上を向きにくいと訴えるバレーのセッターのおでこに青いテープを貼ったら、 そのまま試合に出ました。審判に「なんだそりゃ?」と言われました。「テーピングです。」と当たり前のように答えていました。)

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。