Knee in Toe outを少しだけ考えてみる

Knee in Toe out (ニーイントーアウト) ってご存知ですか?

膝の動きのことで、膝を曲げていったときに膝が内側に入り、つま先が外側に向く。Knee(膝) in Toe(つま先) outです。 まずは、Knee in Toe out の動きを見てください。

モデルはスタッフです。片脚でハーフスクワットをすると、膝がつま先の向きよりも内側に入ります。右も、左もどちらもあります(多少右の方が傾向が強い)。 更によく見ると、上体が不安定なのが見えると思います。

通常、この動きは良くないものとされています。この動きが障害や怪我に繋がる可能性が高くなるからです。その為、一般的には膝をテープで意味ぐるぐる巻きにします。考え方は、簡単です。 膝が内側に入るということは、膝にねじれが出るということ。 それを止めるように、テープで膝をぐるぐる巻きにする。個人的には、それは「動きを作る」と考えたときに、 あまり的確なことではないと考えています。

膝が内側に入ってしまうその理由を考えずに、 外目に見えているものを外側から押さえようというのはあまりにも短絡的過ぎないでしょうか。 そして、テープを膝にぐるぐる巻きにされた本人には、 動くときにものすごく違和感を感じるはずです。 さて、そこでここではどうしたらいいという話は少し置いておき、 いろいろな筋肉をいじると、その動きは変わるのか、 変わるとしたらどう変わるのかを考えてみたいと思います。

ということで、実験をしてみました。今回は、「外側広筋」。一般的には、膝のトラブルのときには、内側広筋を鍛えろと言われます。そこで、関係ないように思われるかもしれませんが、(右脚だけ)外側広筋を動くように手を加えてみました。実は、手を加える前に、外側広筋をMMTという手法でテストを したところ、非常に弱い反応をしていたので、 外側広筋に手を加えることにしました。 なぜ、外側広筋かはここでは置いておいて、 実際にはどうなるかをご覧ください。

右膝の入り具合が減り、更には上体の安定性が出るのがおわかりになるでしょうか?左膝はなにもしていないので、変化はありません。(慣れないとちょっと見難いかもしれません) ということは、 Knee in Toe out には外側広筋も影響することがあると言うことが言えるのではないでしょうか。

是非、何度か映像を見て考えてみてください。膝にトラブルが出たときに、違和感を我慢しながら膝をぐるぐる巻きにすることが果たして良い選択なのかどうか。

次回は、別の筋肉で同じようにテストをしてみたいと思います。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。