全身を調整する

以前、YouTubeを見ていたら、足関節へアスレティックテープを超スピードで巻いている映像がありました。真似はできない。 でも、キネシオテープで全身をざぁ~っと調整するのを速いスピードでやってみるのならできるかなぁと、スピードを意識してやってみました(ぶっつけ本番で撮ったので、ちょっと段取りが悪いです)。

これは、普段から患者さんをみる時にやっているやっているテストです。 自分なりに、基本的なところは抑えていると思っています。

ずーっとやっていると、テーピングも段々と効率的になっていって、テストをした筋肉に直接貼ることは段々と減っていきます。 これとこれが駄目なら、ここでOK、みたいな感じ。 意味は、良く分からないかもしれません。

こんな感じで、全身をまずみているんだなぁと分かっていただければ、とても嬉しいです。

☆☆☆ みなさまへのお願い ☆☆☆

この記事へのご意見、ご感想をお寄せください。 お返事はできないかもしれませんが、 必ず一つ一つ読ませていただきます。

ご意見、ご感想はこちら

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。