なかなか気づけない。その痛み、フォームが原因なことが多いです!

世の中には、いろんな仕事があって、職人と呼ばれる人たちがいます。職人たちは、いつも同じ動きをして仕事をするので、まれにそれが身体のトラブルにつながる事例を紹介します。

先日、仕事で料理をする方がおみえになりました。

身体を調整して、その中でいろいろ話をすると「首も痛い」と。ご本人の感触としては、この季節小魚をさばくことが多いそうで、どうしても多少無理のかかる動きをしてしまうそうです。

どんな人でも、完璧なフォームで作業ができるわけではなくて、どうしても条件的に無理な態勢だったり動きをしなければいけない場合があります。それが痛みの原因になることもあるわけです。

実際にどんな感じかみせていただくと、なるほど~という感じがすると同時に、どうしていいのかはよくわかりませんでした。

その時「この人はすごい!」という寿司職人の方を紹介いただきました。有名人だから、YouTubeとかにも映像が出ているとのこと。そこで、一緒に見てみることにしました。

いや、たしかにすごいです。

軸がびしっとしているというか、包丁の入っていくところがきちっとイメージできているというか。

プロの料理人は、まな板に対して斜めに構えるそうです。右利きなら左脚前。

で、その左脚の土踏まずのところにびしっと乗っている感じで、包丁を引くときにも顔の位置が全く変わらないです。(場合によっては、多少覗き込むようなこともあるかとは思いますが、通常は一切ないです)

あれなら、首を傾けることもないし、動きが原因で痛みを出すことはないだろうなと思いました。(7:20くらいからがおすすめ。)

このことからわかることは、無意識なフォームが身体を傷つけることがあるということ。なので、もし運動とかでも痛みが出たらフォームのチェックが必要ということです。

これは、アスリートでも職人さんでも肉体労働系の方でもみんな一緒。こんな場合、痛みに対しては治療というよりもメンテナンスという感じですね。

まず、セルフチェックとして鏡の前で自分の姿を見てみるとかビデオに撮ってみるとか、自分でチェックをしてみましょう。それでもよくわからなければ、専門家のチェックを受けたほうがいいと思います。

ちなみに、僕は実際の形よりも「力の発生の仕方」、それが「合理的に身体の中を伝わっていくか」を見るので、全然知らない競技や仕事の動きでもだいたい問題点がわかります。次に、YouTubeなどの映像でトッププロの動きを見て、違いを感じとり問題点を確定する感じです。

というようなことまでやりますので、なかなか治らない痛みは、フォームが原因になっていることもあるので、動きを見せてください。

きっとお役に立てると思います。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。