膝の裏が痛い

そこそこご高齢の方に多いのですが、時々若者にも起こります。
屈伸運動をしたとき、正座をしようとしたときなどに膝の裏が痛くなるってこと。
で、70歳くらいの男性が来院されました。正座をすると痛い。
ちょっとみてみると、ももの裏の筋肉はパンパンでふくらはぎには力が入らない。この筋肉たちは膝の裏でちょうど交差する感じなので、電気をかけたりマッサージしたり、筋肉を狙ってテーピングをしてみたり。
でもなかなかパッとはしない。
1,2回同じことをやってはみたものの、多少しか効果がない感じなので、ふと「やっぱり体幹でしょ」とチェック。
何かはあるはずだと思ってはいましたが、やっぱりちょっとだけ機能の落ちている部分がありました。で、そこにテーピング。
と、魔法に掛かったように、正座が出来てしまいました。
(そう言えば、以前診た、しゃがむと膝がおかしくなると訴えていた若者も同じテーピングだったけな…)
理屈の上では、身体は一つで、全身が協調しながら動いていると分かります。でも、直感的に全然違う部位に処置を行うってやっぱり(自分でやっておきながら)不思議に思うことがあります。
膝の裏の痛み(違和感)、「胸」近辺に問題ありのこと、多いです。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。