膝の裏が痛い(肩甲骨が原因だった編)

「膝の裏が痛い」という訴え、結構年中あります。

今回は女子高生。
「なぜだかよく分からないけど、膝の裏が痛くて、膝が伸びない。」
「最近何やってる?」
「体育は卓球。」って感じの話です。

膝の痛みに関しては前にまとめて書いたことがありますが…、今回のパターンは紹介していませんでした。ということで、今回の原因は肩甲骨という話。

膝が伸びないと感じる状況、例えば歩く動作で蹴る瞬間を考えると股関節が後ろ側にいきます。まずは、これを阻害するものを考えます。でも、よくわからない。

なので次に、足が後ろに行くときの土台になる部分、骨盤を安定させることを考えます。骨盤の安定性は、動き全体の連動性を考えると、肩甲骨の安定性を上げることを考えます。そこで、肩甲骨周りの筋肉をテストすると、全然機能していない。 で、そこにキネシオテーピング。

不思議なようですが、このように考えていって、肩甲骨周りにテーピングをしたら膝の裏の痛みが消え、また肩こりもかなり楽になって帰っていただきました。

膝の裏の痛み。多くの方が困っていますが、とても奥が深いです。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。