シンスプリントの治療には全身の動きを観察した方がいい

スポーツ選手を見ている治療院なら、年中シンスプリントの選手を見ていることと思います。このシンスプリント、なかなか治りにくいと言われています。うちでも簡単に治るとは言えません。

治らない理由として、痛みの出ている患部のみを見ているからと考えています。もっと全身の状態を見ると、改善が早いです。

今ケア中の選手がいますが、身体全体を見回すとあちこちおかしいです。

その前に。シンスプリントは膝下の骨が痛くなる症状です。どうしてここ痛くなってしまうのか?

動きをよく観察すると、ケア中の選手は走ったり歩いたりするとき、問題の骨に体重が一番掛かる瞬間、横方向の力が働いていることが見て取れます。ちょうど体重が骨をたわませてしまう感じ。これでは、長い距離を走ったり長い時間練習をすると、痛くなっちゃうよな…、と思います。

それでは、その変な動きを止めるには…、ここでは細かくは省きますが、

  • 腹筋群
  • 足首
  • 股関節
  • 肩甲骨

の動きが影響していました。

その部分ごとの変な動きを一つひとつ確かめながら止めていきます。最終的には、問題の骨には体重が真直ぐ乗るようになり、選手の感想は「足が軽い」です。 痛いところはなかなか取れにくいですが、こうやって患部に負担を掛けないことも非常に大切です。

無理をしないで、頑張りましょう!

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。