足首より下の安定性を得るキネシオテーピング

キネシオテープを貼るとなると、大抵は大きな筋肉に
貼るケースだと思います。
あまり、細かいところには貼りませんよね。
ところが、細かいところでとても重要な場合はあるし、
キネシオテーピングでがらっと変わる場合もあるので、
バカにはできません。
歩くとき、走るときには、足が着地をします。
その時に足がグラグラしては、運動選手ならパフォーマンスは
上がらないし、一般の方であれば怪我のリスクが高くなるしで
いいことがありません。
そこで、足に貼るテープを紹介します。
以下紹介する映像では3本のテープしかありませんが、
実際には細かいテストを繰り返してここに貼ることを
決めています。
これを読んでくださる方は、テストなどはどうでも
いいので、足首や膝など痛みや不安定感がある場合にでも
是非使ってみて欲しいです。
テスト無しで貼るので、効果の出る方と出ない方に
差が出ると思いますが、まずは、やってみてください。
映像は患者さんに貼っているところを撮影させて
いただいたものです。

☆☆☆ みなさまへのお願い ☆☆☆
この記事へのご意見、ご感想をお寄せください。
お返事はできないかもしれませんが、
必ず一つ一つ読ませていただきます。
ご意見、ご感想はこちら

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。