キネシオテープを引っ張って貼ると…3

ここ続けて二回ほど、引っ張るテープを貼ることについて書いてきました。前回の記事は、攣る・痙りそうな場合に引っ張るテープが効くのではないか…という話。
そこで、引っ張るテープを試してみようと思っていたのですが、運良く数人の方でテストをすることが出来ました。
通常、キネシオテープを貼る場合には、力比べをするテストをします。たまたまこの時に攣った方がいたので、試しに引っ張って貼るテープを試させて頂きました。すると…、効果てきめん。攣りそうな感じすらなくなりました。テストもしっかりと反応してくれるようになり、効果が出ます。


あと、80近い女性。朝、膝裏がつるということです。力比べをしてみると力が入りにくいだけでなく、痛みが出る。なので、攣ると訴えるところに引っ張るキネシオテーピング。テストで力がはいるようになるだけでなく、痛みも消失。あとは、明日の朝攣るかどうかの様子を見て頂く必要があります。
だんだんと効果に手応えを感じてきました。テープを貼ることによって、異常収縮まで止まるとなると、キネシオテープは神経系に作用をしているとしか思えなくなってきました。もっと勉強しなきゃ。
☆☆☆ みなさまへのお願い ☆☆☆
この記事へのご意見、ご感想をお寄せください。
お返事はできないかもしれませんが、
必ず一つ一つ読ませていただきます。
ご意見、ご感想はこちら

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。