ゴルファーのためのキネシオテーピング

いきなりですが、基本的にキネシオテーピングを効かそうと思った時にはちゃんとした評価が必要で、僕は昔「悪いところに貼りなさい」と習いました。

「痛いところに貼りなさい」ではありませんでした。

セミナーをやると、大抵「◯◯に効く貼り方は?」と聞かれ答えに困るのですが、正面からぶつかると悲しい顔をされるので、今回は◯◯に効く貼り方の一つを紹介します。

題材はゴルファーです。

ゴルファーのためのキネシオテーピング

ゴルフを一生懸命されている方にご協力をいただき、何回もスイングをしてもらいました。それを僕の視点から見た身体の動き具合に合わせて貼り方を考え、検証してみました。

で、結構いけます。ご本人も絶賛です。(←これ、本当)

なので、なぜこういうテーピングなのかは企業秘密なわけですが、ご興味のある方は是非試してラウンド・練習してみてください。

なお、貼り方が悪い場合には、当然効果がありません。場合によっては、パフォーマンスが下がります。そこはご承知おきください。

左脚

右脚

変化映像

このテーピングによる実際の変化を映像化しました。動作を見慣れていないとあまり分からないかもしれませんが、とりあえず見てみてください。

映像上、左側がテーピング前で、右側が後です。脚に青いテープがあるから分かると思います。

注目点は、腰の位置です。テーピング前には、重心を左から右に移そうという意識があるので、距離にして2~3cm左に移動します。(映像上は左から右ですね。)

テーピング後は、腰の回転がスムースに引っかかりなく行くようになるので、腰の回転で重心移動がされます。体軸がぶれないというか。その辺りが見て取れていただければ嬉しいです。

あと、左脚の土踏まず。テーピング前には、インパクトからフォロスルーにかけて土踏まずがだんだんと浮いていくように見えますが、テーピング後にはあまりありません。しっかりと踏み込んでいく感触が出ると思います。

ちょっとだけ解説

ゴルフの場合、運動方向は一定です。また大抵は同じ動きです。そのため、このテーピングはちゃんと貼れさえすれば、全員に効果があります。(左利きの方は全く逆に貼る必要があります。)

「筋力や、脚の長さなどが人によって違うだろう」と思う方は、貼ってみて評価をして頂いて、ダメなら「残念でした、その通りです。」ということ。ただ、僕の経験値から考えるに、効果の出ない人はいません。

また、映像上は一本のテープで貼っていますが、一般の方には技術的に難しいと思うので、やりやすいように分割して貼って頂いてもOKです。でも、プロで貼ること自体に問題のない方は、一筆書きのように貼ってください。

ということで、試してみてください。貼るのがちょっと難しいかもしれませんが、克服されるとアイアン一番手近くの効果は得られます。

 

ご意見・ご感想などは、下のfacebookコメント欄よりお願いします。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。