腫れが出た時のキネシオテーピングを紹介します

スポーツをしていると、捻挫をしたり肉離れをすることってあると思います。スポーツをしない方でも捻挫をすることはありますね。

こういった時に治療が必要になるわけですが、多少は自分で楽になる方法というのがあれば試してみたいと思う方は多いと思います。ぼくが治療をしていても、「自分で出来ることはありませんか?」とよく聞かれます。基本的には怪我をしたら治療はプロが行うものなので、大して出来ることはないという考え方をしているのですが、それでも簡単なテーピングぐらいならご自身でできると思いますので、紹介します。

今回ご紹介するのは、「腫れ」がでているときに、それを和らげ、動きやすくするという目的で行うものです。そのため、このテーピングをすれば一発で治っちゃうとか、今まで通り普通に運動ができると思ってはいけません。あくまでも、治るまでの間多少なりとも楽に生活できることが目標です。

例として、ふくらはぎに肉離れを起こしたケース、膝に腫れが出てしまったケース、足首の外側の捻挫のケースの例を映像化してみました。基本的には、「腫れている部分」を覆うようにテーピングすればいいので、他の場所のトラブルにも応用できると思います。

原理は簡単なので、一度やってみて、いざという時に備えてみてください。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。