新キネシオテープの評価が少しずつ進んでいます

キネシオテーピングもこなす、走尾潤です。

キネシオテープが新しくなることは以前の記事でご紹介しました。

http://btl-k7.com/tool/kinesio/2016/01/3398/

この時には自分に貼りましたが、今回はちゃんとアスリートに貼ってテストを始めました。

一人目のテスターは女子テニス選手。ちょっと前に捻挫をしてしまい、今最後の仕上げ段階。写真中の黒いテープはクラッシックブランドで、下腿全体的に動きをコントロールして患部に負担を与えないようにするため。白いテープはフィンガープリント(fp)ブランドで、患部周辺の循環を良くして少しでも治りを早くするため。

捻挫へのキネシオテーピング例

貼った感想もいただきました。(原文のまま引用)

今回貼って頂いた黒と白のテープ、通常の貼ってもらっていたテープよりも何日間かはっても剥がれにくいです。あと固定されてる感が通常のよりも少しある気がします!痒みは特にないです!

もう一人のテスターは女子卓球選手。2年前だかのマスターズの都道府県代表。やっぱり捻挫の最終段階で、こちらは患部周辺の腫れがなかなか引ききらないので、それを引かせるためにフィンガープリント(fp)を。また、歩き方のせいか膝にも痛みと腫れぼったさが出たので、フィンガープリントで網状に。この選手は、あまり肌が強くなく、通常だと糊の強いタイプのテープは長時間貼れないのですが、どんな感じになるのかなと。

捻挫後の腫れ対策

膝の腫れへのテープ

貼った感想もいただきました。

足首は1日目の夕方には角が丸まって剥がれましたが、他の箇所は剥がれず、この状態のまま2日間持ちました。剥がすときも多少強いかなとは感じましたが、普通に剥がせました。

膝は、服(スカートやジャージ)にテープの表面が引っかかり、脱ぎ着がやりにくかったです。もしジャージをはいて準備運動をしたら、テープの引っかかりがもっと気になったと思います。そのせいか、1日目の夕方には、細い部分が丸まってしまいました。

2日目には、膝の肉(?!)にテープが食い込んで、感覚としてはいわゆるボンレスハム状態になりました。実際に食い込むわけではないですが、動くたびに編み目が気になりました。
テープが太く かつ 皮膚がたるんでいる部分は、しっかり貼りついていて、剥がす時はすごーく痛かったです。

というような感想です。

新しいテープとしてちょっと気になるのは、ユーザー感覚で従来品よりも「効く!」という感覚はあまりないということ。効かない訳ではないのですが、「より効く」という感想はない感じ。それと、テープ自体が少し硬いのかもしれないです。テープの貼ってある感が強く出るようで、「貼ってある感」がほしい選手には良いと思いますが、ほしくない選手は従来品のほうが良いかもしれないです。あと、糊は従来品よりも強い感じです。夏場の汗だく状態での評価はその時期にならないとできないですが、従来品よりも夏場は良さそうな気配。

新しく出るものなので、設計者的には従来品よりもいいものを作っていることと思います。ただ、ユーザー感覚的にはそこまでの違いは感じられないようで、強いていえば、糊が強くなっている分、夏場は良いかなというくらいなのかもしれません(設計者の方すみません。でもユーザーの生の声なんで)。あとは、セラピストが違いを充分に引き出す貼り方ができれば良いのかもしれませんが、だとしたら一般ユーザーが使うには難しい商品ということになってしまうのかもしれないです。

まだまだ僕が完全に使いこなしているわけではないので、良さが充分にわかってないかも知れません。もう少し使いながらパフォーマンスを確認していきたいと思います。一応、販売元のキネシオテーピング協会の会員だし僕のところで販売することもあるので、極力バイアスが掛からないように生の声をお伝えしました。

話は少し変わりますが、値段とかが発表になりました。現時点のものをお伝えします。
クラッシック 5cm×4m 1280円(税別)
フィンガープリント 5cm×5m 1800円(税別)
従来品 KinesioTEX+PLUS WAVE 5cm×5m 1000円(税別)

値段的には、だいぶ上がっちゃう感じですね。多分、量販店での販売ルートはあまりないと思うので、値引きもそれほどないと思われます。いろいろ厳しい気がします。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。