スポンサーリンク
学び・研究

トップアスリートのパフォーマンスは、同時2点反射テストで向上させる

毎日のように、お客様の身体パフォーマンスを上げるために仕事をしています。 身体をよくするということを考えたときに一番大切なことは、まず身体の状態をしっかりと把握すること。少しでも多くの情報があったほうがより精度の高い施術が可能になります。...
治療的なこと

ラケット系競技のパフォーマンスアップのためにプロトレーナーが使う手首へのテーピング

「握り」を使う競技選手におすすめの手首へのキネシオテーピングを紹介します。「握る」という動作は、スポーツをしていなくても日常的に起こるものなので、どんな方にでもお使いいただけます。 こんな人に ラケットやバット、クラブ、竹刀などの道具を...
勉強会

アーケードゲームmaimai全国1位経験者への身体調整をした結果…

平成29年11月12日(日)に「動きの見方と修正法」の勉強会を開催しました。 この勉強会では人の身体の「動き」を見て、着目点だったり修正法の考え方を身につけていきます。そのためにはモデルさんがいるとやりやすいので今回初めてお願いしました。...
勉強会

きっと未来が見える「第1回動きの見方と修正法勉強会」の感想を頂きました。

平成29年4月16日(日)に開催した勉強会の感想を頂きました。 新しさと難しさを感じていただいたようで、提供側としてはとてもうれしいです。 新しいということは、今までになかった効果が出せる可能性があるということ。まったく概念が違うので単...
学び・研究

目からうろこの「身体のもつ特性」について(アンケート結果より)

以前身体の左右差についてアンケートをネット上でとらせていただきました。その結果をお知らせします。(回答数51) アンケートにはいくつかの質問がありました。今回はその中でも、あなたにも知っておいてほしいものを紹介します。雑学的にも「へぇ~」...
学び・研究

世界のトップがやっていて、あなたにも出来ること。アスタリールスポーツシンポジウムに参加した。

平成30年1月20日に有明の東京コンファレンスセンターで株式会社アスタリール主催のスポーツシンポジウムに参加してきました。 テーマは「世界で戦う勝者の育成2」ということで、スポーツの研究者、栄養の研究者、現役選手、指導者の方々の講演があり...
学び・研究

シンスプリントや腸脛靭帯炎など下肢系のトラブルは動きをみれば早期回復に!

下肢(脚)のスポーツ障害としてメジャーなシンスプリントや腸脛靭帯炎。その理由としてはいろいろなことがいわれています。 治し方もいろいろで、「シンスプリントの治し方」とか「腸脛靭帯炎の治し方」でネット検索をかけると沢山の記事が見つかります。...
学び・研究

膝の動きを誰にでもわかるように画像化してみました

施術の際に「動き」を見ていくというのは技術的になかなか難しく、特に素人である一般の方に起きていることを伝えるのはものすごく難しいものです。 定規を当てて何センチみたいなのは簡単ですが、動きというのはあっという間に状態が変わってしまうからで...