お客さまがエントリーしている水泳競技(日本マスターズ)を見てきました

LINEで送る
Pocket

今日は、初めて水泳の大会を見てきました。どんな競技でも、日本のトップクラス以上の試合はたまにはテレビで 見ることが出来ますが、地域レベルの大会はほとんどありません。水泳もそう。

今日は当院でメンテナンスをさせていただいている方の試合が埼玉県内であったので、見学してきました。

マスターズ水泳

初めてみる競技種目の現場では習慣とかがまったく分からないので、とても刺激的です。今回の水泳は、スイミングクラブであったのですが、場内素足です。 水泳だったら当たり前の様な気がしますが、今まで見たことがなかったので、ちょっと驚きでした。

試合前に選手に会うと、昨日コンディショニングをしたばかりではありましたが、肩と腰が重い感じがするとのこと。控え室でざ~っとチェックをすると、確かにちょっと重いところがあります。人間の身体って、シビアです。

やっぱり試合直前のコンディショングが一番効果的です。 身体も一応ちゃんと動くようになりました。精神的にも安心ですね。試合結果(記録的)は、まぁまぁだったようです。

今までは、チームスポーツのサポートが多かったのですが、今回のように個人競技だとチーム競技以上にプレッシャーがあります。 身体のパフォーマンスが勝負へ与える要因が大きいからでしょう。また少しずつ現場に出て行きたいなぁと思いました。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner

もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。

ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。

今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。


LINEで送る
Pocket