価値って?

LINEで送る
Pocket

 今日は、スポーツと診療の話からちょっとそれて…。
 先日、銀座に行ってきました。あるチョコレート屋さんのパフェが美味しいということで、連れられて行ってきました。
で、着いてみると行列しています。待ち時間は多分30分以上。ちょっと唸ってしまう状況です。
すぐ隣には、同じお店なんだけどアイスクリーム部門があります。で、こちらは行列なしなんですね。でもやっぱりチョコレート屋さんに人は並んでいきます。実は、中で出てくるものはメニュー的には違っても同じ人達が作っています。だから、味にそんなに差はないはず。
 さて、この差は一体なんでしょう?ほぼ同じ味のはずでしかも隣なのに、混雑具合が違う。待ってでも食べたい。単に中身の問題ではないってことなんでしょう。
 そこで考えたのは、接骨院です。接骨院(整骨院)でひとくくりにされるものでも、込んでいるところとそうでないところがある。(他の業界でもそうだけど)
同業者から見ると、込んでるところは治療(施術)が上手で、すいているところはいわゆる「やぶ」ということではないのです。
じゃ、何が違うんでしょう?
 結局は、本来の目的よりもいかに気分がいいかに、込んでいる・すいているが左右されてしまうようです。うちでもたまたま込んでいる時に来院されたりすると帰ってしまう患者さんがいます。どうしても治療(施術)が必要ってことではないんでしょうね…。待つ価値がないってことなんでしょう。
 いかに気分を良くしてあげられるか。で、更にいい治療が出来るか。その辺をもっと努力していきたいと思います。でもやっぱり多少は待たせてしまうこともあると思います。(実は結構ある) その分、あなた様を含め皆さんを丁寧に見ていると思って勘弁してください。それでも待たされるのが嫌な人は…、待たない接骨院さんをお勧めします。 
 ところで、最初の話のパフェ。結局食べませんでした。ちょっと待てませんでした…。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
K7“代表の走尾(はしお)です。
工学部を出て、富士通系コンピュータメーカーで回路設計を11年以上経験してから人の身体の業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきています。
コンピュータ業界で培った考え方、アルゴリズムを人の身体を良くする手法に取り入れ、大きな成果を上げています。また、常に手法の修正を行っており、進化する施術を提供しています。
お客さまにはアスリート、ダンサー、職人さん、芸術系の方が多いです。
LINEで送る
Pocket