また一つひらめきが

LINEで送る
Pocket

毎日毎日同じように患者さんが来て、よくみて、少しでも改善していくようにお手伝いをするのが仕事なのです。で、人によって症状は違うとは言え、やっていることは同じなわけです。
そんな中で、半年に一度くらい「ひらめき」が生じます。いつも見ているはずの動きの中にフッと違和感を感じる。で、それに関して一生懸命考えてみる。そんな中に新しい発想が生まれてきます。
人の身体は色々な部分が関係しあって全体としての運動を作っています。道路に落ちている石を拾うにしても、色々な筋肉がちょうどいい具合に動いているわけです。で、たまにそれが狂ってくる。すると場合によっては障害につながる。その微妙な狂いをどれだけ見つけられるかが施術をしていく人のスキルだと思っています。
で、昨日とあるバレーボーラーの身体をチェックしている時にひらめきが起こりました。
やっていることは実はたまには使う技。でも「こういった観点でこう使うことが出来るんだ」というのが昨日のひらめき。
これでまた一つ身体のチューニングの引き出しが増えました。
去年の国体の時よりも数段パワーアップしています。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
K7“代表の走尾(はしお)です。
工学部を出て、富士通系コンピュータメーカーで回路設計を11年以上経験してから人の身体の業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきています。
コンピュータ業界で培った考え方、アルゴリズムを人の身体を良くする手法に取り入れ、大きな成果を上げています。また、常に手法の修正を行っており、進化する施術を提供しています。
お客さまにはアスリート、ダンサー、職人さん、芸術系の方が多いです。
LINEで送る
Pocket