スタッフブログ

LINEで送る
Pocket

このところ多い、トレーナー関係の話からちょっと外れた話をたまにはしましょう。

若いスタッフたちの間で、ブログが続々(?)と立ち上がっています。
「なるべくブログやってみてね」とお願いまでもいかないお願いをしていたのですが、一人が口火を切ると続々と、という感じで立ち上がりました。

世の中10年前とまったく変わって、ごくごく一般の人がブログという形で世の中に情報を発信できる時代になりました。これは多分ものすごいことで、ほんの些細なことを全世界で知ることが出来る可能性を秘めています。

こんな時代になると、いかに文章という形で世の中にアクセスできるかどうかで、世界への可能性が決まってきそうです。大不況で、仕事がない、就職活動をしても全然相手にしてもらえない。そんな境遇の人があっという間に沢山の人から注目を受けることが可能になりました。

そんな中、うちの若者たちのブログ。普段の直接の付き合いから読み取れない個々人の考えていることが見え隠れしてとても面白いし、怖い気がします。
「あっ??、この子はこんなことを考えているんだ…。思った以上に真剣なんだなぁ、表現が下手なだけなんだなぁ…。」
なんてことも多々あり、文字のコミュニケーションも面白いものだと思うこのごろです。

ところが、身の回りを見回してみると同世代しくはその上で
「文章は苦手だ…」
という人も大勢います。これはデジタルデバイドですね。ん、デジタルは関係ないか。

文化は文字を使い後世に引き継がれてきています。世の中全ての人が文章を書ける必要はないけど、うちのスタッフには自由自在に文章を書いて、自分の考えを人に伝えることができるようになってもらいたい。ブログはそのためにはとっても大事なツールになり得ます。

スタッフたちのブログには楽しいことも書いてあると思います。是非、左の枠にあるそれらしきリンクをたどってみてください。そして、楽しいことや立派なことが書いてあったら是非誉めてあげてください。

たまには、このブログの応援をお願いします。
ここをクリック!

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner

もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。

LINEで送る
Pocket