監督(経営者)の方向性

LINEで送る
Pocket

サッカーの監督が交代しますね。
チームを導いていく監督が変わると、チームががらっと変わります。

これはスポーツの世界だけではなくて、ビジネスで言えば会社もそうですね。
ビジネスで言えば、監督ではなくて社長ですね。

ちょっと前にライブドアの社長が交代しました。
とにかく会社の時価総額を大きくしようという元社長。
新しい社長はどういった方向に会社を導いていくのか。

今、僕が所属しているある団体でも、活動の方向性を決めようとしています。
今は個々の発想で、動き始めています。
だから、個々の発想でモラルが決められる危険性があります。
ライブドアのように、「問題だと思わなかった」が大きな社会問題(業界問題)を
起さないように祈るばかりです。

うちとしては、スタッフがいわゆる「パートさん」から若者トレーナーに変わりました。
当然、仕事の指示の仕方も内容も変わってきます。
若いスタッフになってよかったことは、モチベーションの高さ。やる気がやっぱり
違うのです。そのモチベーションをうまく使ってというか、もっと上げるように
して、彼らにどんどん優秀な仕事の仕方を覚えて言って欲しいです。

トレーナーという仕事は、ある意味奉仕的な仕事。
奉仕的な仕事を好む人の特性として、その奉仕的な部分にのみ視点がいきやすい。
「自分の仕事は良い仕事なのだから、他の事はどうでもいい。」
多くのボランティアの人たちが陥りやすい罠に、やっぱり陥りやすい。
それを、全体的に見てどうしていったらいいか、考える力をつけさせたいと思っています。

大きく育っていくだろう、若いスタッフたちを是非応援してください。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner

もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。

LINEで送る
Pocket