すごい人

LINEで送る
Pocket

今、ちょうど人の入れ替わりで新しい人がアクセスしてきているのは前にも書いたとおりです。

アクセスしてきてくれる人は、当院の活動をホームページやこのブログで見て、
「トレーナーになりたい」
と来てくれるわけです。

ところで、前にも書いたのですが、最近自分の中で
「トレーナーって何?」
状態です。

来てくれる人は、まだこの業界をあまり知らない人で、漠然と
「トレーナーになりたい」
で来てくれるのです。
ところが、受け入れる方が
「トレーナーって何?」
状態なので、どうしていったらいいものかも悩んだりします。

じゃ、自分の中でこの人はすごい、目標にしたいトレーナーはと言うと…、
ほとんどいません。(しいて言えば、一人か。)
周りにトレーナーと言っている人や活動をしている人はいるのですが、
どうも感覚的にやることが違うので、技術とかはすごいものを持っているのかも
知れませんが、僕の思うトレーナーとしては?マークの人ばかりです。

ということで、よく分からないので模索しながら、選手たちが一番パフォーマンスを出せる状態を作ることをひたすら目指して、またそういうことが出来る人材を育てていきたいと思います。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner

もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。

LINEで送る
Pocket