選手の身体を調整して思うこと -その3(最終)-

LINEで送る
Pocket

前記事からの続き
つまりは気づいていないということ。
身体の状態を自分で理解するには、スキルが必要です。常に意識をするようにしないとなかなか自分の身体を理解できるようにはなりません。常に意識をするには、それなりに勝負に貪欲にならないとできません。何とか勝ちたいとか、何とかこのタイムを出したいと強く思わない選手には難しいかも知れないです。


パワーが欲しいから筋トレを増やす。スピードが欲しいからスピード系の練習をする。技術レベルが欲しいから実戦練習をする。それらは悪いことではないし、やらならければいけないことがだと思います。が、その前に自分の身体を理解することなしには、それらのトレーニングが効果的には行えないように思います。常に受身になってしまうというか。
何とか勝ちたい。
何とかいい成績を収めたい。
だから自分の身体の状態をもっと良く知って、そして練習やトレーニングに取り組みたい。
そんなアスリートを一生懸命応援したので、募集中でもあります。
頑張ります。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
K7“代表の走尾(はしお)です。
工学部を出て、富士通系コンピュータメーカーで回路設計を11年以上経験してから人の身体の業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきています。
コンピュータ業界で培った考え方、アルゴリズムを人の身体を良くする手法に取り入れ、大きな成果を上げています。また、常に手法の修正を行っており、進化する施術を提供しています。
お客さまにはアスリート、ダンサー、職人さん、芸術系の方が多いです。
LINEで送る
Pocket